FC2ブログ

レキップ(塩酸ロピニロール)8mg


ラサレクト(ラサギリン)0.5mg


塩酸ロピニロールは非麦角系ドーパミン作動薬で、通常はパーキンソン病やむずむず脚症候群(RLS-Restless legs Syndrome)の治療に使用されます。ドーパミン作動薬は麦角系と非麦角系に分けられます。麦角系は服用開始時に消化器症状が出やすいといわれています。塩酸ロピニロールが属する非麦角系は、麦角系と比較して副作用が少ないというメリットがあります。有効成分ロピニロールは、ドーパミン受容体に似た物質で、精神状態と深く関連している受容体に結合し刺激することで、パーキンソン病の症状に対して改善効果を示すとされています。

ロピニールは、むずむず脚症候群にも使用されます。症状には、足の裏や太もも、ふくらはぎなどに「痛い」、「かゆい」、「虫が這っているような感じがする」といった不快な症状があげられます。夕方から夜、就寝時に症状がでることが多く、睡眠障害になることもあります。原因ははっきりと解明されていませんが、パーキンソン病と同じく、ドーパミンの機能低下が関係しているのではないかと考えられています。

ラサレクト(ラサギリン)0.5mg

スポンサーサイト
[PR]

2020.02.01 Sat l パーキンソン病 l コメント (1) l top

ラサレクト(ラサギリン)1mg


ラサレクト(ラサギリン)1mg


ラサレクトは、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの減少を抑制するMAO-B(モノアミンオキシダーゼB)阻害薬であり、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の治療方法には薬物療法と外科療法があります。薬物療法のほとんどは、不足したドーパミンを補ったり、流出を防ぐことを目的としています。

有効成分ラサギリンは、脳内の線条体に存在する、MAO-B阻害活性を持ち、ドーパミンの分解を持続的に抑制し、ドーパミン量を増加させます。正常な人の場合ドーパミンが適切に放出され、情報伝達の後、ドーパミンは酵素によって分解されたり、神経細胞に取り込まれて再利用されたりします。パーキンソン病の人は、ドーパミン量不足のため、情報伝達がうまくできません。そこで、ラサギリンによって、ドーパミン分解酵素を抑制し、脳内のドーパミンを増量することで、パーキンソン病の症状を改善させます。ラサギリンは日本では未認可の成分ですが、国内で唯一認められているセレギリンの5~10倍のMAO-B阻害効果があり、効果が長時間持続するとされています。特にパーキンソン病の早期には、単独服用で有効であるとされています。



パーキンソン病
ジェームス・パーキンソン医師によって1918年に報告された進行性神経疾患です。厚生労働省により、特定疾患に認定されています。 安静時の手足のふるえ(振戦)、筋固縮(筋肉のこわばり)、動作緩慢、姿勢反射障害(バランスがとりにくくなる)などの運動障害が症状として挙げられます。日本では、人口10万人に対し100~150人の患者がいるとされ、平均発症年齢は50歳代後半から60歳代が多いようです。パーキンソン病は、ドーパミンの欠乏が神経活動調整機能を不能にし、運動が円滑にできなくなることにより発症するといわれています。パーキンソン病発症の原因については、いまだに解明されていません。

ラサレクト(ラサギリン)1mg




ラサレクト(ラサギリン)0.5mg


ラサレクト(ラサギリン)0.5mg


ラサレクトは、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの減少を抑制するMAO-B(モノアミンオキシダーゼB)阻害薬であり、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の治療方法には薬物療法と外科療法があります。薬物療法のほとんどは、不足したドーパミンを補ったり、流出を防ぐことを目的としています。

有効成分ラサギリンは、脳内の線条体に存在する、MAO-B阻害活性を持ち、ドーパミンの分解を持続的に抑制し、ドーパミン量を増加させます。正常な人の場合ドーパミンが適切に放出され、情報伝達の後、ドーパミンは酵素によって分解されたり、神経細胞に取り込まれて再利用されたりします。パーキンソン病の人は、ドーパミン量不足のため、情報伝達がうまくできません。そこで、ラサギリンによって、ドーパミン分解酵素を抑制し、脳内のドーパミンを増量することで、パーキンソン病の症状を改善させます。ラサギリンは日本では未認可の成分ですが、国内で唯一認められているセレギリンの5~10倍のMAO-B阻害効果があり、効果が長時間持続するとされています。特にパーキンソン病の早期には、単独服用で有効であるとされています。



パーキンソン病
ジェームス・パーキンソン医師によって1918年に報告された進行性神経疾患です。厚生労働省により、特定疾患に認定されています。 安静時の手足のふるえ(振戦)、筋固縮(筋肉のこわばり)、動作緩慢、姿勢反射障害(バランスがとりにくくなる)などの運動障害が症状として挙げられます。日本では、人口10万人に対し100~150人の患者がいるとされ、平均発症年齢は50歳代後半から60歳代が多いようです。パーキンソン病は、ドーパミンの欠乏が神経活動調整機能を不能にし、運動が円滑にできなくなることにより発症するといわれています。パーキンソン病発症の原因については、いまだに解明されていません。

ラサレクト(ラサギリン)0.5mg

2020.02.01 Sat l パーキンソン病 l コメント (1) l top

プラミロール0.125mg


プラミロール0.125mg


プラミロールの有効成分は塩酸プラミペキソールです。パーキンソン病では脳内のドパミン系の神経の働きが悪くなり、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるといった症状がでてきますが、塩酸プラミペキソールはドパミン受容体を刺激することで症状を改善します。

また、むずむず脚症候群(レストレスレッグ、RLS)にも使用します。むずむず脚症候群は、主に夕方から夜にかけて脚に不快な感覚が現れて脚を動かさずにはいられなくなり、不眠にもなる症状です。むずむず脚症候群もドパミンの機能の低下が関係していると考えられています。

プラミロール0.125mg

2020.02.01 Sat l パーキンソン病 l コメント (1) l top

シンドーパ(レボドパ、カルビドパ)


シンドーパ(レボドパ、カルビドパ)


パーキンソン病に悩む方たちに最も多く使われています。有効成分であるレボドバ、カルビドパの二つの物質に合わせて、パーキンソン病の症状である手足のふるえや筋肉のこわばりを改善します!

シンドーパ(レボドパ、カルビドパ)

2020.02.01 Sat l パーキンソン病 l コメント (1) l top

コムタンジェネリック


コムタンジェネリック


コムタンジェネリックは、ボドパを代謝するCOMT(カテコール-O-メチル基転移酵素)を阻害することによりレボドパの血中半減期を延長させレボドパの効果を持続させ、wearing-off現象を改善します。コムタンジェネリックは、新しい作用機序を有するパーキンソン病治療薬です。

コムタンジェネリック

2020.02.01 Sat l パーキンソン病 l コメント (1) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行