FC2ブログ

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg


高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

スポンサーサイト
[PR]

2020.02.01 Sat l 狭心症 l コメント (1) l top

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

2020.02.01 Sat l 狭心症 l コメント (1) l top

プラビックス28錠


プラビックス28錠


プラビックス75mgは抗血小板剤に属するお薬で、血小板の働きを抑えることにより血液を固まりにくくし、血栓症、および塞栓症を防ぎます。 主に動脈硬化性疾患(脳梗塞症、心筋梗塞、末梢動脈硬化性疾患)、急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)、ST上昇心筋梗塞予防の目的で服用します。血行を良くし、心臓、脳、身体への血液の循環を活発にします。

プラビックスは心臓麻痺、脳卒中、血栓、動脈硬化、狭心症等の危険性を減少させます。フィブリノゲンは血液の凝固に必要な物質です。プラビックス75mgはフィブリノゲンが受容される特定の部分をブロックし、血液の凝固を減少させます。

また、プラビックス75mgの有効成分である硫酸クロピドグレルは、損傷した血管内壁に付着して、血液や血漿中に存在する様々な物質によって活性化させられた血小板から放出されるアデノシン2リン酸(ADP)と結合する受容体を遮断します。

プラビックス75mgの主成分である硫酸クロピドグレルは、これまで抗血小板剤として広く使用されてきた他の成分と同等の効果をもちながら、副作用が少なく安全性に優れているとされています。

プラビックス28錠

2020.02.01 Sat l 狭心症 l コメント (1) l top

バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg


バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg


虚血性心疾患は、冠動脈の血管が血栓などにより狭まったり、ひどい時には閉塞してしまうことで心筋に十分な酸素や栄養が行き渡らず、心臓が障害を起こす病気の総称です。虚血性心疾患には、狭心症や心筋梗塞といった心疾患が含まれます。

血栓には様々な種類(血液の凝集塊、コレステロールやその他脂肪物質など)があり、病気を根治させる薬はありませんが、冠動脈を拡張したり、心臓の働きを抑えることで症状の緩和は可能です。本剤は、主に冠動脈を広げることで虚血性心疾患の症状を緩和する薬です。

バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg

2020.02.01 Sat l 狭心症 l コメント (1) l top

ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg

ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg


アムロガード2.5mgは、ファイザー株式会社により製造・販売されている高血圧症・狭心症治療薬です。日本ではノルバスク錠2.5mgという商品名で販売されています。有効成分として1錠にアムロジピンを2.5mg含有しています。主にアムロガード2.5mgが使用される高血圧は、日本では約4,300万人(男性2,300万人、女性2,000万人)いるといわれてます。

2010年国民健康・栄養調査によると、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧(収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上、または高血圧治療薬服用中)と判定されました。日本において高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定され、喫煙に次いで多いです。

特に、血圧に併せて肥満や喫煙、糖尿病、慢性腎臓病等があるとよりリスクが上昇すると報告されています。高血圧症は、それ単体では症状もなく、普段の日常生活で自覚することがありません。しかし、健康診断や人間ドッグで高血圧症や狭心症を指摘された方は、自覚症状がなくとも将来起こるかもしれない重大な病気の予防のために必ず治療することが推奨されています。
血圧は、動脈の血管壁に存在する細胞が収縮して血管が細くなりことで上昇します。この血管の上昇は、細胞内にカルシウムイオンが流れ込むことが引き金となって起こります。そのため、カルシウムイオンが流れ込まないようにカルシウムイオンの通り道といわれてるカルシウムチャネルを塞ぐことで血管壁の細胞の収縮を抑え、血管を拡張し、血圧を下げることができます。これがアムロガード2.5mg等のカルシウム拮抗剤の主な作用メカニズムです。
有効成分アムロジピンは、持続性のカルシウム拮抗薬といわれてます。1日1回服用するだけで24時間強力に血管を拡張することができ、血圧を低下させることができます。

また、有効成分のアムロジピンは心臓の収縮を抑えて、心臓を休ませる作用もあります。血管を拡張して血圧を低下しなおかつ心臓を休ませることで、血管や心臓、その他の臓器への負担が減少し、将来起こるかもしれなかった脳出血や心臓病、腎臓病等の命にかかわる病気の発症を予防することができます。

アムロガード2.5mgを服用するのに注意が必要なことがあります。海外の方で特に多いのですが、有効成分アムロジピンと一緒にグレープフルーツジュースを一緒に服用しないよう注意喚起がされています。

グレープフルーツに含まれる成分がアムロジピンの代謝を阻害してしまい、アムロジピンの血中濃度が上昇し効果が強く出過ぎてしまい、過度に血圧が低下して副作用が起こることがあると報告されています。アムロガード2.5mgを服用する際は、グレープフルーツジュース等ではなく、水またはぬるま湯で服用するようにしてください。

ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg

2020.02.01 Sat l 狭心症 l コメント (1) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行