FC2ブログ

ベセルナクリーム(アルダラ5%)12袋


アルダラクリームは、尖圭コンジローマおよび日光角化症の治療薬です。海外では表在性基底細胞癌の治療でも使用されるクリームです。その優れた効果より、海外の主要国を含む76の国と地域で承認されています。日本でもアルダラクリームは承認されており、持田製薬社によってベセルナクリーム5%という商品名で製造・販売されています。

アルダラクリームは、有効成分としてイミキモドを5%配合しています。一般的な使用方法として、1日1回寝る前に週3回使用することで尖圭コンジローマや日光角化症を治療します。尖圭コンジローマとは、性器や肛門の周辺にイボができる病気です。今までの医療現場では、尖圭コンジローマは外科的処置による除去を行うだけで治療をする医薬品は存在しませんでしたが、このアルダラクリームが発売されたことで簡単に治療ができるようになりました。日光角化症とは、日光を浴び続けてきたことにより発症する病気です。

見た目はシミのように見えますが、放っておくと有棘細胞癌という皮膚癌の早期の病変とも考えられており、速やかに治療する必要があります。有効成分のイミキモドは、尖圭コンジローマの原因となるウィルスの増殖を抑制することにより治療効果をあらわします。日光角化症では、自然免疫および細胞の免疫力を上昇させ、細胞の生まれ変わりを促進することと考えられています。アルダラクリームを使用する際の注意点として、塗布部位およびその周辺に重度の紅斑、びらん、潰瘍、表皮剥離等があらわれることがあるので、過量にアルダラクリームを塗布しないように注意がされています。

また、塗布部位を絆創膏やテープ等で密封するとさらに皮膚障害が発生するリスクが上昇するので注意してください。局所における重度の炎症反応に先行あるいは並行し、悪寒、発熱、筋肉痛等を呈するインフルエンザの様な症状があらわれることがあります。このようなインフルエンザの様な症状があらわれた場合には使用の中止を含め、医師に相談するようにしてください。

ベセルナクリーム(アルダラ5%)12袋
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019.04.04 Thu l コンジローマ l コメント (1) l top

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋


イミクアッドは、日本では持田製薬から製造・販売されている尖圭コンジローマ治療薬ベセルナクリーム5%のジェネリック医薬品の塗り薬です。有効成分としてイミキモドを5%配合し、1日1回週3日使用することで性行為感染症として有名な尖圭コンジローマだけでなく、皮膚癌などの原因にもなりうる日光や紫外線によるシミ(日光角化症)の症状を治療します。

尖圭コンジローマとは、性器や肛門周囲に疣贅(イボ)ができる疾患のことです。疣贅(イボ)の大きさは1~3mm程度です。尖圭コンジローマの原因は、性行為やそれに類似する行為によってヒトパピローマウィルス6あるいは11というウィルスに感染することで起こります。場合によっては、性行為だけでなくサウナや公衆浴場等の場所でもウィルスに感染することがあります。

ウィルスに感染してすぐに症状が発現するわけではなく、3~32週間の潜伏期間を経てから疣贅(イボ)などの症状があらわれます。そのため、自分がいつウィルスに感染したのかが非常にわかりにくいのが尖圭コンジローマの特徴です。尖圭コンジローマは男性よりも女性に多く、とくに若い方に多いのも特徴の1つです。ヒトパピローマウィルスは子宮頸癌の原因にもなりますので、女性の方は速やかな治療が必要です。

有効成分のイミキモドは、インターフェロンα製剤といわれるお薬です。使用することで体内の免疫機能に影響を与え治療効果をあらわします。イミクアッドの有効成分イミキモドは、患部に使用することでインターフェロンαの産生を促進し、ウィルスの増殖を抑えます。それだけでなく、各種免疫細胞を活性化させウィルスに感染した細胞を攻撃するという作用でもウィルスの増殖を抑制します。

日光角化症は、日光を慢性的に浴びて、紫外線刺激を皮膚が受けることで誘発される疾患です。日光に当たりやすい顔面、耳介、前腕、手背部の皮膚で起こりやすいのが特徴です。主な症状として、1~2cmほどの大きさでカサカサとした紅く斑状のシミが現れることが多いです。 そのまま症状を放置すると皮膚癌の原因になることもあるので、速やかに日光角化症を治療する必要があります。

日光角化症は、慢性的な紫外線刺激により皮膚細胞のDNAがダメージを受けていることが多く、免疫機能が低下している状態にあります。有効成分イミキモドの日光角化症への治療メカニズムは完全には明らかになっていないのですが、この免疫機能の低下を改善することで治療効果をあらわしていると考えられています。

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋
2019.04.04 Thu l コンジローマ l コメント (1) l top

アルダラクリーム(尖圭コンジローマ)

アルダラクリーム個人輸入

アルダラクリームは、免疫調整剤と呼ばれるイミキモドを有効成分としています。イミキミドは、体の防御機構を刺激する作用があり、皮膚の免疫細胞と結合し、サイトカインと呼ばれる天然の防御物質を放出させます。

尖圭コンジローマ(性器にできるイボ)は、ウィルスによる性感染症のひとつといわれています。性器や肛門の周りにイボができ、たくさん集まるとカリフラワーやニワトリのとさかのように見えることがあります。

アルダラクリームは、尖圭コンジローマ治療薬です。イボに直接塗ることで、ウィルスに対する免疫力を高め、ウィルスの増殖を抑えます。ウィルス感染細胞の障害により、イボを消失させる働きがあります。

>>>アルダラクリーム

2016.07.19 Tue l コンジローマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

アルダラクリームジェネリック

アルダラクリームジェネリック

尖圭コンジローマは性行為によって感染する、ヒトパミローマウイルスがひきおこす皮膚の異常です。稀に、入浴によってうつることもあります。感染から数週間~8ヶ月ほどで発症し、性器や肛門付近に、乳頭のような尖ったイボを複数発症します。放っておくと、イボの数が増え、大きくなっていきます。

一般的に、尖圭コンジローマを治すには、イボを取り除く治療が必要となります。手術による切除やレーザーによる治療もありますが、アルダラクリームジェネリックはクリーム状なので、手軽に気になる患部に塗布、治療することができます。また、尖圭コンジローマは再発しやすいため、完治した後でも、最低3ヶ月は経過を見る必要があります。アルダラクリームジェネリックは、再発して症状が現れたら、すぐに治療を再開できるという点でも、おすすめのお薬です。

アルダラクリームジェネリックは、イボを発症する尖圭コンジローマに対して、有効成分である免疫調整剤イミキモドが作用。イミキモドは、皮膚の免疫細胞の働きを促し、サイトカインというαインターフェロンを放出します。このサイトカインが、尖圭コンジローマをはじめとする、異常な細胞の増殖を抑え、治癒にはたらきます。このように、皮膚の免疫系を戻すことにより、皮膚の表面の異常を修復し、正常な状態にしてくれます。また、良性皮膚がんや日光角化症などの皮膚細胞等の異常も抑え、健やかな肌へと導きます。

>>>アルダラクリームジェネリック

2016.07.19 Tue l コンジローマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行