FC2ブログ

アルダラクリーム(尖圭コンジローマ)

アルダラクリーム個人輸入

アルダラクリームは、免疫調整剤と呼ばれるイミキモドを有効成分としています。イミキミドは、体の防御機構を刺激する作用があり、皮膚の免疫細胞と結合し、サイトカインと呼ばれる天然の防御物質を放出させます。

尖圭コンジローマ(性器にできるイボ)は、ウィルスによる性感染症のひとつといわれています。性器や肛門の周りにイボができ、たくさん集まるとカリフラワーやニワトリのとさかのように見えることがあります。

アルダラクリームは、尖圭コンジローマ治療薬です。イボに直接塗ることで、ウィルスに対する免疫力を高め、ウィルスの増殖を抑えます。ウィルス感染細胞の障害により、イボを消失させる働きがあります。

>>>アルダラクリーム

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
2016.07.19 Tue l コンジローマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

アルダラクリームジェネリック

アルダラクリームジェネリック

尖圭コンジローマは性行為によって感染する、ヒトパミローマウイルスがひきおこす皮膚の異常です。稀に、入浴によってうつることもあります。感染から数週間~8ヶ月ほどで発症し、性器や肛門付近に、乳頭のような尖ったイボを複数発症します。放っておくと、イボの数が増え、大きくなっていきます。

一般的に、尖圭コンジローマを治すには、イボを取り除く治療が必要となります。手術による切除やレーザーによる治療もありますが、アルダラクリームジェネリックはクリーム状なので、手軽に気になる患部に塗布、治療することができます。また、尖圭コンジローマは再発しやすいため、完治した後でも、最低3ヶ月は経過を見る必要があります。アルダラクリームジェネリックは、再発して症状が現れたら、すぐに治療を再開できるという点でも、おすすめのお薬です。

アルダラクリームジェネリックは、イボを発症する尖圭コンジローマに対して、有効成分である免疫調整剤イミキモドが作用。イミキモドは、皮膚の免疫細胞の働きを促し、サイトカインというαインターフェロンを放出します。このサイトカインが、尖圭コンジローマをはじめとする、異常な細胞の増殖を抑え、治癒にはたらきます。このように、皮膚の免疫系を戻すことにより、皮膚の表面の異常を修復し、正常な状態にしてくれます。また、良性皮膚がんや日光角化症などの皮膚細胞等の異常も抑え、健やかな肌へと導きます。

>>>アルダラクリームジェネリック

2016.07.19 Tue l コンジローマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行