FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

インデラルジェネリック40mg(あがり症)

インデラルジェネリック40mg

前で話す場合、大勢の前で発表する時にやってくる、不安感やドキドキを緩和するお薬です。

ストレスなどでアドレナリン濃度が急上昇すると、冷静な判断が出来なくなってしまう事があります。更に過剰分泌が続く事で声や手足の震え、心臓がドキドキする、赤面する(赤面症)、多量に汗をかく、などの症状が引き起こされます。

インデラルジェネリックの有効成分プロプラノロール塩酸塩が、アドレナリンの受容体を遮断することで、興奮を鎮め、心身を穏やかな状態に保ちます。

>>>インデラルジェネリック40mg

スポンサーサイト
[PR]

2016.07.09 Sat l 抗不安薬・睡眠導入剤 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ドグマチール200mg(スルピリド)

ドグマチール200mg(スルピリド)

ドグマチールの成分スルピリドにはいくつかの効果があります。従来は消化管にあるドパミン受容体をブロックすることにより胃腸の働きをよくする胃潰瘍・十二指腸潰瘍薬として使われていました。服用する量が増えると脳内の伝達物質であるドパミンに作用して、抑うつ気分をやわらげ、不安や緊張、興奮をしずめる働きをします。現在はうつ病やうつ状態の改善や統合失調症の治療によく用いらていれます。

>>>ドグマチール200mg(スルピリド)

2016.07.09 Sat l 抗不安薬・睡眠導入剤 l コメント (0) トラックバック (0) l top

フルナイト2mg(ルネスタジェネリック)(睡眠導入薬)



フルナイト2mg(ルネスタジェネリック)は、不眠症に効果のある睡眠導入薬一般に使用されているベンゾジアセピン系薬剤よりも依存性や離脱症状が表れにくく安全で、最大6ヶ月の長期服用もできるのが特徴です。
フルナイト2mg(ルネスタジェネリック)の有効成分・エスゾピクロンはゾピクロンのS-異性体で、非ベンゾジアゼピン系・GABA-A受容体作動薬と呼ばれる睡眠導入剤です。 非ベンゾジアゼピン系薬剤はベンゾジアゼピン系薬剤と同様の作用をもちますが、ベンゾジアゼピンとは異なる化学構造の薬剤です。 エスゾピクロンは脳内にあるアミノ酸のひとつであるギャバ(GABAまたはガンマアミノ酪酸)ベンゾジアゼピン受容体の働きを活発にし不安や興奮を抑制する事で、入眠を促進するといわれています。

>>>フルナイト2mg(ルネスタジェネリック)

2016.07.09 Sat l 抗不安薬・睡眠導入剤 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ハイプナイト2mg(ルネスタジェネリック)(睡眠導入薬)



ハイプナイト2mg(ルネスタジェネリック)は、不眠症に効果のある睡眠導入薬一般に使用されているベンゾジアセピン系薬剤よりも依存性や離脱症状が表れにくく安全で、最大6ヶ月の長期服用もできるのが特徴です。
ハイプナイト2mg(ルネスタジェネリック)の有効成分・エスゾピクロンはゾピクロンのS-異性体で、非ベンゾジアゼピン系・GABA-A受容体作動薬と呼ばれる睡眠導入剤です。 非ベンゾジアゼピン系薬剤はベンゾジアゼピン系薬剤と同様の作用をもちますが、ベンゾジアゼピンとは異なる化学構造の薬剤です。 エスゾピクロンは脳内にあるアミノ酸のひとつであるギャバ(GABAまたはガンマアミノ酪酸)ベンゾジアゼピン受容体の働きを活発にし不安や興奮を抑制する事で、入眠を促進するといわれています。

>>>ハイプナイト2mg(ルネスタジェネリック)

2016.07.09 Sat l 抗不安薬・睡眠導入剤 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ゾピクロン7.5mg(アモバンジェネリック)(不眠症改善)



ゾピクロン7.5mg(アモバンジェネリック)は、脳の神経を鎮め、不安や緊張感をほぐして気分をリラックスさせることで眠りに導く睡眠導入剤です。有効成分のゾピクロンは、脳の神経細胞にあるベンゾジアゼピン受容体と呼ばれるたんぱく質に結合し、活性化させます。ベンゾジアゼピン受容体は脳の神経活動を抑制する働きを持つため、ゾピクロンによってベンゾジアゼピン受容体が活性化されることで催眠作用が出現します。

ゾピクロンは服用後速やかに作用が出現することから、超短時間型睡眠薬と呼ばれています。腸から非常に早いスピードで吸収された後に血液の中で速やかに分布し、脳に送られます。服用後30分から1時間でゾピクロンの吸収量は最高になり、短時間で催眠作用が生じるので、寝付きの悪いときや一時的な不眠に特に適しています。また服用後1時間を過ぎると急速に血液中の量が減少し、8時間後にはほとんど存在しなくなります。そのためゾピコンは服用による薬物依存はまず起こりにくく、また翌朝の眠気や不快感も少ないと言われています。

そのほかにもゾピコンは抗不安作用、抗けいれん作用を持ち、ほかの睡眠薬と比較して筋弛緩作用が弱く、リバウンドが少ないなどの特徴があります。しかしその一方でかなりの苦味があり、服用後は体内に吸収されたゾピクロンが唾液中に分泌されて口の中に出てくるため、完全に服用した後でも口中に苦味が出現してくるという点に留意してください。

>>>ゾピクロン7.5mg(アモバンジェネリック)

2016.07.09 Sat l 抗不安薬・睡眠導入剤 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。