FC2ブログ

リリカジェネリック(プレガバリン)75mg(鎮痛剤)

リリカジェネリック(プレガバリン)75mg



リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛、線維筋痛症による痛みにも効果的です。

>>>リリカジェネリック(プレガバリン)75mg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2016.07.20 Wed l 鎮痛剤・痛み止め l コメント (1) トラックバック (0) l top

リリカジェネリック(プレガバリン)75mg(鎮痛剤)

リリカジェネリック(プレガバリン)75mg



リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛、線維筋痛症による痛みにも効果的です。

>>>リリカジェネリック(プレガバリン)75mg

2016.07.20 Wed l 鎮痛剤・痛み止め l コメント (0) トラックバック (0) l top

Ultraset(トラマドール+パラセタモール)



Ultrasetはトラマドールパとラセタモールの二つの成分が配合された鎮痛剤です。

第一の有効成分であるトラマドール(トラマール)は、一般の鎮痛剤では効きにくい疾患にも効果を示すのが特徴で、オピオイドとも呼ばれています。また、モルヒネのような麻薬系強オピオイド系の薬よりも作用がおだやかで、便秘などの副作用も比較的にすくないと知られています。

第二の有効成分であるアセトアミノフェンはアニリン系の解熱鎮痛薬です。この成分の主な特徴は、神経に働きかけ、痛みに対する感受性を低下させ痛みをしずめてくれることです。処方薬としてはもちろんのこと、一般薬としても幅広く用いられているので、安全性の高い良薬の一つです。

>>>Ultraset(トラマドール+パラセタモール)

2016.07.20 Wed l 鎮痛剤・痛み止め l コメント (1) トラックバック (0) l top

Ultraset(トラマドール+パラセタモール)



Ultrasetはトラマドールパとラセタモールの二つの成分が配合された鎮痛剤です。

第一の有効成分であるトラマドール(トラマール)は、一般の鎮痛剤では効きにくい疾患にも効果を示すのが特徴で、オピオイドとも呼ばれています。また、モルヒネのような麻薬系強オピオイド系の薬よりも作用がおだやかで、便秘などの副作用も比較的にすくないと知られています。

第二の有効成分であるアセトアミノフェンはアニリン系の解熱鎮痛薬です。この成分の主な特徴は、神経に働きかけ、痛みに対する感受性を低下させ痛みをしずめてくれることです。処方薬としてはもちろんのこと、一般薬としても幅広く用いられているので、安全性の高い良薬の一つです。

>>>Ultraset(トラマドール+パラセタモール)

2016.07.20 Wed l 鎮痛剤・痛み止め l コメント (0) トラックバック (0) l top

ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)(鎮痛剤)



ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)は、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」です。 
解熱鎮痛薬を含む抗炎症剤は、大きくプロスタグランジン(痛みや炎症を引き起こす原因物質)やブラジキニンの生成・作用を阻害する「ステロイド性抗炎症薬」と「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」に分かれます。ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)の有効成分イブプロフェンは、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」として使用されプロスタグランジンの生成を抑制し、炎症や発熱・痛みの発生を抑えます。
イブプロフェン製剤の代表的な特徴は、アスピリンより作用が数倍から数十倍強力で、効果が現れるのも速く、副作用も少ないことです。服用後の一時間から二時間ほどで消炎・解熱・鎮痛などの作用の発見が平均として見られます。またブルフェンSR800mg(イブプロフェン)は、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」の中でも、COX-1阻害による胃腸障害がもっとも少ないとされています。このような高い安全性で、アセトアミノフェンと並んで小児に比較的安全に使える解熱剤として1971年発売以来世界的に認められています。

>>>ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)

2016.07.20 Wed l 鎮痛剤・痛み止め l コメント (1) トラックバック (0) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行