FC2ブログ

ピロリ菌除去各1箱パック


有効成分として、抗生物質を2種類、胃酸分泌抑制薬を1種類含有しています。抗生物質はアモキシシリンが1カプセルに250mg、クラリスロマイシンが1錠に500mg、胃酸分泌抑制薬はラベプラゾールが1錠に20mg含有しています。これらを一緒に服用することで、胃の中のピロリ菌が殺菌され、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防することができます。

ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリといわれ、細菌の仲間です。通常、細菌は胃では強力な酸である胃酸によって殺菌されてしまい生息できないと考えられていました。しかし、ピロリ菌は胃酸を中和するアンモニアを生成するが可能であり、胃の中でも生育ができるようになっています。そのため、ピロリ菌は胃に感染すると自然には殺菌されず、除菌しない限り胃の中からなくなりません。

ピロリ菌は、放っておくと様々な胃の症状を引き起こします。主な症状として、食欲不振、胸やけ、吐き気、腹痛等の症状起こし、症状が進行すると胃癌の原因にもなります。

ピロリ菌と胃癌の関係は密接で、1994年には世界保健機関(WHO)によってピロリ菌は確実な癌因子であると認定しています。胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃炎等の患者を対象にした調査では、10年間で胃癌になった人の割合は、ピロリ菌に感染していない人では0%なのにもかかわらず、感染している人では2.9%であったと報告されています。現代の医学では、胃癌の発症を予防するためにはピロリ菌を除去する必要があるといわれています。

ピロリ菌除去パックは、抗生物質2種類と胃酸分泌抑制薬1種類の計3種類を同時に1日2回7日間服用することで、高確率でピロリ菌を殺菌することができます。有効成分アモキシシリンはペニシリン系抗生物質といわれ、ピロリ菌に対して殺菌的に作用します。クラリスロマイシンもマクロライド系の抗生物質といわれ、細菌のタンパク質合成を阻害して抗菌作用をあらわします。ラベプラゾールは胃酸分泌抑制薬で、抗菌薬2種(アモキシシリン+クラリスロマイシン)と併用することでピロリ菌に対する殺菌効果が上昇する相乗効果が認められています。

これらの強力な殺菌作用により、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者を対象にした臨床試験では83~90%の除菌率を示したと報告されています。

ピロリ菌除去各1箱パック
スポンサーサイト
[PR]

2019.04.09 Tue l その他の感染症 l コメント (1) l top

コメント

KEYWORDS:
1970.01.01 Thu l . URL l 編集

コメントの投稿












ペット医薬品の海外個人輸入代行