FC2ブログ

スポラノックス


スポラノックスは、真菌(カビ)を殺すお薬です。

水虫やいんきんたむし、カンジダ症などの真菌感染症の治療のために使用することができます。

スポラノックスは世界的に有名な製薬企業であるJanssen(ヤンセン)社によって製造・販売されています。

そのためスポラノックスは世界中の国や地域で承認されており、多くの医療機関で処方・使用されています。

日本でもスポラノックスは承認されており、日本ではイトリゾールカプセル50という商品名で販売されています。

強い抗真菌作用を持ち、幅広い種類の真菌に効果をあらわすことができるので信頼性の高いお薬となっています。

それでいながら安全性が高く、副作用を起こしにくいのもこのスポラノックスが選ばれている理由の1つとなっています。

<適応菌種>

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、マラセチア属、アスペルギルス属、クリプトコックス属、スポロトリックス属、ホンセカエア属
<適応症>

内臓真菌症(深在性真菌症)
真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
深在性皮膚真菌症
スポロトリコーシス、クロモミコーシス
表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)
白癬:体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡
カンジダ症:口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症
癜風、マラセチア毛包炎
爪白癬

スポラノックス
2019.04.04 Thu l カンジダ症 l コメント (1) l top

クロトリマゾールジェル


クロトリマゾールジェルは、真菌を殺真菌することができるジェルタイプの塗り薬です。

白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

日本で販売されていないジェルタイプのクロトリマゾール製剤で、ジェルの特徴として皮膚刺激をほとんど起こすことなく皮膚症状を治療します。

主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

水虫、ぜにたむし、いんきんたむしとは、原因となる白癬菌が体のどの部位に感染したかで呼び名が変わるだけで同じ疾患です。

足なら水虫、股以外の体部ならぜにたむし、股間周囲にならいんきんたむしとなります。

主な症状は強い痒みや皮膚のブツブツです。

カンジダ症も、いんきんたむしと同様に真菌のカンジダ菌が陰部に感染してかゆみやブツブツが出る疾患です。

性行為感染症として性行為をしても感染して発症しますが、実は成人の多くの方がすでにカンジダ菌に感染しています。

ほとんどの場合は無症状なのですが、仕事による疲れやストレス、風邪などになることで免疫力が低下することで症状があらわれることもあります。

クロトリマゾールジェルは、1日2~3回塗ることでこのような皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。

下記の皮膚真菌症の治療

白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
癜風

クロトリマゾールジェル
2019.04.04 Thu l カンジダ症 l コメント (1) l top

カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%


カンジドクリームは有効成分クロトリマゾール1%を含有する抗真菌外用薬です。インドの製薬会社グレンマーク・ファーマ社から販売されています。
世界的に有名な抗真菌外用薬「エンペシドクリーム」のジェネリック医薬品であり、同成分・効果でありながらエンペシドクリームよりもお安くお買い得です。

有効成分クロトリマゾールは日本で発売されたのは1976年という古い薬ですが、現在でも多くの方に使用されており確固たる人気を維持しています。

クロトリマゾールは主に白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)などやカンジダ菌による皮膚・膣カンジダ症の治療に使用されています。

真菌はカビの仲間であり、真菌が身体に感染することによって様々な症状が引き起こされます。
白癬菌やカンジダ菌は代表的な真菌の一種です。皮膚に常在している菌ですが、通常の状態では潜伏しているだけで身体に何の悪さもしません。
ただし、何かの拍子に急激に繁殖を始めて真菌による感染症を発症します。
これら真菌が好むのは高温多湿の環境や身体の免疫力低下で、こういった環境や条件が揃えば男女共に簡単に発症してしまう非常にメジャーな感染症です。

また、白癬は共有するタオルやバスマットから接触感染し、カンジダ症は性行為によって性感染するので注意が必要です。そして再発率も高いです。(特にカンジダ症)

真菌症を放置すると症状が徐々に悪化するので、発症したらすぐに治療を開始することを強く推奨します。

真菌による感染症には、身体の表面に感染する「表在性真菌症」と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する「深在性真菌症」の2種類があります。
カンジドクリームは前者の表在性真菌症を治療する外用薬です。

カンジドクリームの有効成分クロトリマゾールは白癬菌、カンジダ菌、癜風菌など多くの真菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
殺菌的に作用するため、一定期間根気よくカンジドクリームを使用することで根治することができます。

有効成分クロトリマゾールは病巣から真菌細胞内へすばやく移行し、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊・死滅させます。

細胞に作用する薬であるため人体に害はないか不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールが存在しません。そのため人間の細胞には全く影響しないので安全性が高く安心して使用できます。

国内でのクロトリマゾールの適応は以下の症状です。

白癬
足部白癬(汗疱状白癬,趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
カンジダ症
指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
癜風

カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%
2019.04.03 Wed l カンジダ症 l コメント (1) l top

ラミシールジェネリック(ファンゴテック)


ファンゴテックは、アリルアミン(非アゾール)系抗真菌剤であるラミシール錠125mgのジェネリック医薬品です。

1936年に設立された歴史の古いインドの製薬会社であるFDC (エフディーシー)社によって製造・販売されています。

服用することで、有効成分が血流にのって全身に回るため、塗り薬ではなかなか治らなかった難治性の水虫やいんきんたむしを治療することができます。

水虫やいんきんたむしの発症部位である爪や皮膚への移行性がよく、長期間感染部位に残留するため1日1回服用するだけで治療効果が期待できます。

有効成分を日本で承認されている先発品のラミシール錠125mgの2倍量配合しているので、錠剤を半分に割って服用するだけでも十分に治療効果をあらわします。

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症
但し、外用抗真菌剤(塗り薬等)では治療が困難な患者に限ります。

深在性皮膚真菌症
白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス

表在性皮膚真菌症
白癬:爪白癬、手・足白癬(水虫)、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
カンジダ症:爪カンジダ症

ラミシールジェネリック(ファンゴテック)
2019.04.03 Wed l カンジダ症 l コメント (1) l top

ダイフルカンジェネリック200mg


ダイフルカンジェネリック200mgは、ファイザー株式会社が製造・販売している抗真菌症治療薬ジフルカン(ダイフルカン)のジェネリック医薬品です。

服用することで、病気の原因である真菌を殺すことができます。

先発品であるジフルカンは、1978年にPfizer社によってトリアゾール系の抗真菌薬として開発されました。

日本でもジフルカンは1989年から承認されており、使用されています。

1日1回服用するだけで、血液、呼吸器、消化器、尿路、髄膜などの真菌症の治療することができ、骨髄移植などの造血幹細胞移植における真菌感染症の予防にも使用されています。

ダイフルカンジェネリック200mgもそんな先発品ジフルカンと同様に、服用することで速やかに真菌に感染した臓器へ移行し、真菌を根こそぎ殺しつくしてくれます。

カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症
真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎


ダイフルカンジェネリック200mg
2019.04.03 Wed l カンジダ症 l コメント (1) l top

ペット医薬品の海外個人輸入代行